トビリシ カカシハウス - クラファンで誕生したゲストハウス

2019年6月から7月末にかけて行われたクラウドファウンディングによって誕生したゲストハウス「カカシハウス」は、トビリシの中心部に隣接するローカル感が漂う住宅街にあります。

日本だけではない”第2の拠点”がある暮らし

トビリシに新しいゲストハウスを作ろうというクラウドファウンディングに掲げたテーマは「第2の拠点を持とう!」で、生活コストが高く、様々なしがらみのある日本を離れて、落ち着いて何かに取り組むことが出来る拠点づくりを目指しました。

約1か月のクラウドファウンディングによって、総額168万5000円、198人もの皆さんから支援が集まり、2019年8月1日からカカシハウスの本格的な運営が始まりました。

支援者のなかには、世界を旅する旅行者、ジョージアでの事業に関心のある実業家または投資家ノマドブロガーYoutuberなどの新しいライフスタイルを送っている方など、さまざまな顔ぶれです。支援者の情報交換のためのオンラインコミュニティも稼働しています。

宿泊案内(個室、ドミトリールーム)

カカシハウスは、元々フィンランド人がAirbnb向けの物件として利用していた民家を改修することで、短期から長期までさまざまな宿泊に対応できるゲストハウスとしての営業を開始しました。

チェックインは13時、チェックアウトは10時を基本としますが、トビリシへの到着時間や出発時間に応じて調整が可能ですので、ご予約時にご相談ください。

[temp id=3]

個室 5部屋

全室エアコン完備の5つの個室があります。ダブルベッド1つのダブルルームが基本ですが、今後はリクエストに応じてシングルベッド2つのツインルームや、ダブルベッドとシングルベッドが1つずつのトリプルルームの部屋を用意する予定です。

ドミトリー 10ベッド

2階には男女共用のドミトリールームがあります。上下5つずつの計10ベッドがあり、個室よりもコストを抑えた滞在が可能です。各ドミトリーベッドには独立したコンセントライトがあり、貴重品を入れるためのセキュリティボックスも設置する予定です。

カカシハウスの宿泊費

個室およびドミトリーの宿泊費につきましては、こちらのページにまとめて記載しております。

その他の設備とサービス

カカシハウスの各設備やサービスと、利用料金については以下の通りです。

設備利用料金
リビング宿泊者は無料
キッチン宿泊者は無料
※ただし18時から19時は「夕食シェア」の調理優先
トイレ1階と2階に共用トイレがあります。
シャワー1階と2階に共用シャワーがあります。
洗濯機有料 1回5ラリ
Wi-Fi宿泊者は無料

夕食シェアについて

カカシハウスで作業に集中したいという方のために、1人8ラリで夕食をシェアする取り組みを行っています。毎日16時までに予約することで、19時から食事を摂ることができます。

カカシハウスの地図、最寄り駅、空港からのアクセス

カカシハウスは、トビリシ地下鉄のゴチリゼ駅から徒歩7分程度です。

トビリシ国際空港などからのアクセスは以下の通りです。

移動手段 – 施設アクセス
空路 –トビリシ国際空港37番のバスで「Station Square」へ
地下鉄「Station Square」駅から2
空路 – クタイシ国際空港ジョージアンバスで「Liverty Square」へ
地下鉄「Liverty Square」駅から5
陸路 – 国鉄トビリシ駅隣接する「Station Square」駅から2
陸路 – ディドゥベ バスターミナル地下鉄「Didube」駅から1

※トビリシ国際空港の地下鉄駅が2022年ごろまでに完成の予定です。