フラッグ

フラッグセオリー(5つの旗理論)とは

永遠の旅行者(パーペチュアルトラベラー)の基本原則とされるフラッグセオリー(5つの旗理論)は、「国籍」 「仕事」 「居住」「運用」「余暇」の5つについて機能ごとに国を使い分けることで、快適なライフスタイルを送り、納税額を最小限にすることを目指しています。

しかし、このフラッグセオリーが策定されたのは1990年代のことですから、永遠の旅行者にとっても必須ツールであるインターネットについて考慮されておらず、また提唱者がアメリカ人のグル・ウィリアム・ヒル博士であるために、日本とアメリカの制度の違いなどが当然のことながら織り込まれていません。

そこで、日本国籍者のための2019年版フラッグセオリー(5つの旗理論)を策定してみます。まずは一般公開を行いますが、随時内容をブラッシュアップして、2020年版の策定へと繋げたいと考えていますので、皆様からのご意見やお知恵をいただけますと幸いです。


この記事の続きを読むにはログインが必要です。
新規会員登録

ログインはこちらから